1. ホーム
  2. ニュース一覧
  3. LGがヨーロッパ最大のEV用電池工場を来年ポーランドにオープン

記事詳細

LGがヨーロッパ最大のEV用電池工場を来年ポーランドにオープン

TechCrunch

 .  パナソニック

LGは、電気自動車用のリチウムイオン電池を生産するヨーロッパ最大の工場を建設する、と発表した。Reuters(ロイター)によると、そのLG Chem事業は2019年に、ポーランドのヴロツワフ近郊で生産を開始し、その翌年にはEV用バッテリーの年間生産能力10万に達する、とされている。

比較としては、Panasonicが中国に作った最新の電池工場は、年間20万台ぶんの電池を生産できる。またGigafactoryの最終目標は、年間の生産能力50万台ぶんだ。Gigafactoryの現在の生産能力はそこまで達していないが、それでも世界でもっとも多くの電池を生産している、とElon Muskは言っている。

自動車メーカー各社はこのところEVやハイブリッド車の生産に力を入れて、自動車の電動化を進めようとしているが、その足を引っ張りかねないのが電池の供給能力だ、と言われる。工場が増えることは歓迎だが、しかし長期的には原料の供給がさらに大きな阻害要因になるかもしれない。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

記事の表示はここまでです。 元記事を読む

最新記事

会員登録ページ

このサイトについて

富久無線電機では、電子部品・半導体業界をさらに盛り上げるため、選りすぐりの情報をお届けします。

お電話・FAXでの
製品・納期・価格に関するお問い合せ
TEL : 03-3813-5587
FAX : 03-3813-5195

富久無線電機からのお知らせ

(株)日本環境認証機構により、ISO14001の最新規格である2015年版への更新審査を受け、認証が更新されました。

PAGE TOP